お金が必要【今日どうしても】急遽お金が必要になったのに借りれない

今日急遽お金が必要になった時どうしますか?家計を預かる主婦ではよくある事ですが、そんな時に貸してくれるところは助かります。

okanegahitsuyou360x120.jpg

お金が急に必要になった!そのときどうする?

2017年11月03日 14時05分

日々の生活の中でお金が急に必要になるということは多いでしょう。手持ちにたくさんのお金を持っていたらたいていのことは大丈夫なのですが、そんなに財布の中にお金を入れておくということも少なくなってきました。

世の中、クレジットカードやプリペイドカード、さらにおサイフケータイ、スマホなど様々なものがお金の代用品となってくれる世の中になっているからです。それでもお金がないと対応できないということはたくさんあります。
急な結婚式、ということはないのですが、身内の不幸というのは予期せぬ時に突然起こるものです。身内だけでは件数は少ないかもしれませんが、町内や社内の縁故親戚などの不幸というのは日常的に起こりうることです。

近しい関係でしたら、それなりのお香典を包まなければいけません。お通夜から告別式は突然やってくるものです。突然やってくるものに常に万全の態勢をとっているという人もいると思いますが、たいていの人は急な出費に頭を悩ませることでしょう。

中には急な出費ではなくてもなかなか準備できないこともあります。それがカードローンの支払い日だったら、滞納してしまうという人もいるのではないでしょうか。そんな急遽お金が必要というときの解決方法はお金を用立てすることです。手持ちにお金がない場合、それで済めばいいのですがたいていの場合はそれで済むことはありません。

カードローンを利用する

お金が無ければカードローンというのは短絡的すぎるかもしれません。今では多くの人がクレジットカードを持っている時代です。ですから、急な出費があって持ち合わせがないときはクレジットカードのキャッシングという人も多いことでしょう。

その前に、いまでは24時間銀行のキャッシュカードが使えるから…そういった人はそれが一番良い方法です。しかし、世の中のほとんどの人が銀行口座にふんだんにお金を預けているわけではないのです。むしろそちらのほうが少数派ではないのかというくらい、カードローンやクレジットカードの利用で債務超過になっている人が少なくないのです。どうしてそれほど資金がないのかということになるのですが、これは会社勤めの人にも自営業の人にも言えるのですが、収入以上にお金を使ってしまうということです。中には分不相応にお金を使っている人もいることでしょう。

それはクレジットカード社会の弊害とも言えるのですが、お金が無くてもなんとかなってしまう社会に対する警鐘と思ってもいいのです。現代のシニア世代、いわゆる団塊の世代まで、さらにはその子供くらいまでは借金は悪という教育を受けてきました。しかし現在の若い現役世代はクレジットカードをふんだんに使ってもそれが借金という認識が希薄なのです。もっともそれが会社員だからこそクレジットカードを使えるということを理解していないのです。

実際に会社を辞めて無職になったときにクレジットカードの大切さを骨身に染みてわかるのです。そして、お金がないときにどうするのかというと、クレジットカードのキャッシングです。しかし、ここで賢い人はカードローンを利用するのです。クレジットカードと比較してカードローンはより借金というイメージが強いものです。消費者金融会社といえばサラ金会社ですから、昔ながらの厳しい取り立てを思い出す人も少なくないことでしょう。

それでもカードローンにも良いところはあるのです。もっともカードローンの仕組みはクレジットカードのキャッシング機能と同様と考えていいでしょう。どちらも審査にパスしないと利用できない点も同様です。それでは汎用性のあるクレジットカードのほうがいいのでは、という意見が大多数でしょう。しかし、クレジットカードにない良さがカードローンにはあるのです。

これは大手消費者金融会社のサイトなどにもよく書かれていることですが、借入れから30日以内は無利息というものです。これはたとえば5万円借りたとしたtら30日以内でしたら利息がつかないので5万円ちょうどを返済したらいいということになるのです。クレジットカードのキャッシングではそういうことはありません。返済日までしっかり金利手数料がかかってしまうのです。ですから、危急の際の資金調達にはカードローンのほうがいいのは専門家の一致した意見でもあるのです。急にお金が必要になるということはよくあることです。そのために金融業者がいてくれるのです。

借金をしないのが理想ですが、それを言ってしまうと住宅ローンも悪になってしまうでしょう。経営者でしたら、無借金経営が理想ですがそれは本当に理想でしかありません。現実は借金まみれで月々の返済に窮している経営者が多いのです。そのために銀行や消費者金融会社では融資の相談に応じてくれています。金融業もれっきとしたサービスですから、資金調達の相談には快く応じてくれるでしょう。

お金が必要となった場合は使い勝手のよいカードローンのほうが良いです。クレジットカードはキャッシングではなくあくまでも買い物の支払いに使うものと考えたほうがいいでしょう。

それでも、急な出費が必要なときにカードローンに頼るしかないのが悲しいですが、そういった人は現在は少なくないようです。カードローンのメリットやデメリットなどは、消費者金融会社のサイトでイラスト付きでわかりやすく紹介しているので参考にしてみるのもいいでしょう。

 
okanegahitsuyou360x120.jpg
okanegahitsuyou360x120.jpg